私立カレッジ (CO-OPプログラム)

Co-opプログラムとは、学校内の講義の受講に加えて学外の企業で研修経験を積むことを卒業要件としているプログラムです。座学の知識だけでなく現地企業での実践的な就労経験を積みたいという方に人気のプログラムで、現在カナダではカレッジなどで開講されています。

 

こんな方にオススメ!

  • 海外でインターンシップがしたい方
  • 英語に自信がないけど質の高い経験をしたい方
  • 就職活動を有利に進めたい方
  • カレッジは入学が難しいと諦めている方
  • 学費をできるだけ抑えたい方

Co-opのビザについて

Co-opプログラムで申請できるビザは学生ビザ(Study Permit)です。申請が承認されると、通常の学生ビザの申請プロセス同様に学生ビザの発給許可証が発行されます。そちらをカナダ入国時に入国審査官に提示することでビザオフィスを案内され、そこで学生ビザの原本が発行されます。この時、学生ビザのほか、就労ビザ(Work Permit)が発行されますが、こちらはCo-opプログラムの研修期間の際に必要なもので、あくまでも学生ビザとセットのビザとなります。
※就労ビザ(Work Permit)がこの時発行されなかった場合は、後日、現地にて就労ビザのみ別途申請します(研修期間に必要なため、学内での座学期間が修了する3か月前には申請するのが良いでしょう)

Co-opプログラム中に就労可能な時間

  • 就学期間:週20時間まで
  • 研修期間:週40時間まで

※Co-opプログラムでの就労期間は移民申請の就労経験には含まれません(この期間の就労はあくまでも学校のプログラムの一環としての位置づけであるため。)
※研修期間中に働くことのできる職種は、受講するプログラムに関連するものに限られます(例:カスタマーサービス系のプログラムであれば、飲食店での仕事など。)

Co-opプログラムを提供している私立カレッジ例

ビジネス、アカウンティング、ホスピタリティ・ツーリズムなど質の高い様々なプログラムを開講しているToronto School of Management(TSoM)は、奨学金により、留学生の方にとってリーズナブルな費用で質の高い教育を受けることが可能です。入学に必要な要件はそこまで高くなく、留学生にとって申し込みがしやすいことから、「ワーホリが切れたけどカナダで引き続き働き続けたい」という方にとっても、人気のカレッジとなっています。

Co-op・カレッジに関するお問い合わせ

弊社はカレッジ進学のあっせん実績が豊富なカナダ・トロントの留学エージェントです。Co-opプログラム、カレッジ進学にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください(相談無料)