カナダワーホリで得られる経験

ワーホリ 得られる経験

人によって留学の目的が十人十色であるように、カナダでのワーキングホリデーで得られる経験は様々です。将来の仕事に活かせる経験をはじめ、現地で舞い込んでくる移民の話もあれば、実現までに事前のステップを必要とする現地カレッジや大学進学など多岐にわたります。
最長1年という限られた時間をどのように使うかがワーキングホリデーのカギになってきます。ここでは、カナダワーホリでできる経験について紹介します。

働きながら学ぶ

ワーキングホリデーの一番の特徴は何と言っても働きながら学ぶことができるということです。仕事に関する専門用語や、お客さんや同僚とのコミュニケーションを通して、英語を勉学としてではなくスキルとして磨くことができます。
人気な職種はレストランやカフェのサーバーです。日本食レストランやローカルのレストランに関わらず、飲食業は求人も多く採用の機会が多いです。
お客さんとは英語で接客しなければならないため、必然的に英語の練習場所となるでしょう。

経験・資格を活かす

カナダでは、日本での経験や資格が活用できる職種がたくさんあります。代表的なものがベビーシッター(保育士)、美容師、整体師、ネイルアーティストなどです。カナダではベビーシッターを雇うのは一般的で募集も多いです。海外の雇用は実力・経験主義が日本よりだいぶ強いので、資格や経験があることはとても有利です。英語力が低くても経験があれば雇ってもらえる可能性は高くなります。就職後、オーナーなどに認められればワーホリビザが切れた後でもワークパミット(就労ビザ)のサポートをしてくれることもあります。

現地企業でのインターンシップ

語学学校である程度英語力をつけてからのネクストステップとして人気なのがインターンシッププログラムです。語学学校や弊社の現地提携企業でインターンシップをすることができます。留学生に特に人気なのがホスピタリティ業界での有給インターンシップ。ホスピタリティ業界では接客スタッフとして、丁寧な言い回しと失礼のない対応が求められ、日常英会話よりワンランク上の英語力とコミュニケーション能力が鍛えられるため、スキルアップに最適です。

ボランティア

カナダでは、ボランティアは社会的評価も高く、スキルアップやキャリアにも関係するので日本よりも盛んに行われています。社会貢献の価値観を育み、現地ネットワークを広げることにもつながります。ボランティアの種類によっては自身の持つスキルを活用、向上させることができるでしょう。

カナダ現地のカレッジ・大学進学

海外での進学というと難しく聞こえるかもしれませんが、カナダには大学、公立カレッジ、私立カレッジなどの選択肢が数多く提供されており、入学資格は手が届かないというようなものではありません。時間に関して制限はありますが、カレッジ在学中は働くこともできます。進学先によりますが、卒業後は通学期間に応じた就労ビザも申請することができます。「ワーホリが終わった後もカナダで仕事を続けたい」「移民をしたい」という方の選択肢として進学はオススメです。ただ、入学希望先や入学方法によって、語学学校の進学コースの受講や各種証明書の用意、学生ビザの申請・取得が必要になってくるため、前もって準備に取り組み始めなければなりません。進学したいけど何から始めればいいのかわからないという方は一度弊社にご相談ください(お問い合わせフォームはページ下にあります。)

旅行

ワーキングホリデーの魅力の1つは、カナダを拠点に旅行に行けることです。拠点がカナダにあるのがポイントで、例えばトロントからであれば、ニューヨークへ深夜バスを使って手軽に行くこともできます。他にもトロントからバスで行けるところとして、北米のパリと呼ばれるモントリオールや世界三大瀑布のひとつ、ナイアガラの滝があります。
カナダは日本と違い、働いていても長期休暇が取りやすく、旅行の計画が立てやすいのも魅力です。

ワーキングホリデーのご相談は

カナダ・トロントでのワーキングホリデーをご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。お客様の目標をヒアリングしながら、最適なプランと必要費用、準備事項、書類等をご案内いたします。