【2022年最新】カナダ留学費用 -公立カレッジ編-

「カナダで公立カレッジ留学っていくらくらいかかるの?」

「カレッジ入学前に語学学校を利用した場合は?」

「最終的には、永住権を目指していきたいが、総額がわからない。。。」

 

カナダで公立カレッジへの進学が気になっているものの、

どれほどの費用を想定すれば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

結論、プログラム・滞在期間、地域・生活スタイルにより大きく変わってきます!

 

一般的に、カナダ公立カレッジ留学は、語学留学、私立カレッジ留学に比べて、費用がかかる場合が多いです。

 

一方、公立カレッジに進学すると次のようなメリットがあります。

 

最大3年の就労ビザが申請できる

永住権を目指す方には大きなアドバンテージになります。

 

大学編入が可能

カレッジ入学時には入学条件を満たしていなくても、カレッジ修了時に良い成績を取れれば、大学入学に挑戦することができます。

 

現地の学生と一緒に学べる

将来カナダで活躍が見込まれる学生たちと刺激を受けながら、勉強することが可能です。

 

上記のように、将来はカナダで生活したいと考える方には、大変おすすめの選択肢です。

 

今回は、カナダ公立カレッジ留学の学費、滞在費、生活費などをすべて含めた費用をご紹介!!

※トロントのダウンタウンにキャンパスを持つ公立カレッジのジョージブラウンカレッジを例としますね。

 

お申し込み時期によっては、キャンペーンでお得にご紹介できる学校があることがあります。

 

お気軽にご相談ください。

 

banner contact

 

 

①カナダ公立カレッジ留学総額

 

 

 

 

 

.

 

 

 

 

※画像にカーソルを当てて総額をチェック!

             

例に選んだプログラムと、滞在スタイルなどは以下の通りです。



カレッジ名:ジョージブラウンカレッジ
受講プログラム:Business(ビジネス系)
受講期間:2年
滞在方法:2ヶ月ホームステイ、残りはシェアハウス

留学費用は、専攻、生活スタイル、為替レートにより、

実際の留学費用は大きく違ってくる場合があります。


また、英語力が入学条件に満たない場合には、

語学学校に通う間の滞在・生活費(10万円/月)と語学学校費(16万円/月)が上記の総額に加えられます。



それでは実際にどのようなところにお金がかかってくるのか、

内訳をみていきましょう!

 

②カナダ留学費用内訳 -公立カレッジ編-

学費代360万円
滞在費150万円
生活費130万円
航空券代20万円
保険代40万円
合計700万円(24ヶ月)

公立カレッジ学費:160〜200万円/1年 


基本的にカナダの公立カレッジや大学は一学期単位で授業料が発生します。

カナダにある多くの公立カレッジは、年間の授業料が170〜200万円ほどが相場ですが、学校やどの分野を専攻されるかにより、学費は大きく異なる場合もあります。


人気プログラムの授業料は以下の通りです。


人気プログラム名費用/1年
Hospitality (ホスピタリティ系)約170万円
Business(ビジネス系)約180万円

Culinary Management(カリナリーマネジメント)

カリナリーマネジメントとは、講義と実習を通して料理の準備、盛り付け、アラカルト料理、焼き菓子やデザート、キッチンの管理等、現代的なスキルを学びます。

約190万円

【ジョージブラウンカレッジ】人気プログラムの費用詳細はこちら



滞在費:6〜12万円/月


カナダ留学では主に以下の3つの滞在方法が留学生の中では人気です。


・シェアハウス 約7万

1つの住居に複数人が共同で暮らす形になります。一般的にはキッチンやリビング、バスルームなどを共同で使用し、プライバシー空間として個室を利用します。


・ホームステイ 約10万

現地に住むホストファミリーから1部屋を借りる形で滞在します。 実践的な英会話や海外生活に順応することを目的に、多くの留学生がカナダ滞在1か月目に利用します。


・学生寮 約12万

語学学校、カレッジ付属の寮に滞在します。1〜2人でキッチンやリビング、バスルームなどを共同で使用し、プライバシー空間として個室を利用します。


基本的には、シェアハウス・ホームステイは複数人で家をシェアする形にはなるため、費用を抑えることができます。一方で学生寮は1人部屋あるいは2人部屋の少人数での生活になるため、少人数制で快適に過ごせる分、費用が高くなる傾向があります。

カナダでの部屋探しの方法はこちら



生活費:5〜10万円/月


食費・日用品・交通費・通信費・交際費などのお金がかかります。

こちらは毎日の生活の仕方によって出費が大きく上下し、特にカナダは日本と比較すると外食がかなり高くつくため、節約して留学費用を抑えたい方には、自炊がおすすめです。



航空券代:10〜20万円/月


留学先までの航空券代は、時期、利用する空港、直行便か経由便かなどによって大きく変動する場合があります。



保険代:1〜2万円/月


もしもの時に備えて、保険には必ず加入しましょう。


現地での医療費や賠償責任などをカバーできます。保険会社やプランによって保険料が異なるので、自分に必要な保証がしっかり入っているものを選びましょう。

※公立カレッジの場合、カレッジがオファーする保険に入る必要がある場合があります。





③まとめ

いかがでしたでしょうか。

初期費用の学費などを除けば、カナダでも生活費と滞在費を含めて月10〜12万円ほどで生活することができることがわかりました。予算の関係でカナダ長期留学を諦めていた方も学生ビザであれば週20時間の就労も可能なため、生活費用を抑えれば、長期留学の選択も考えられるかもしれません。


また、公立カレッジで条件に当てはまるプログラムを卒業した場合、通学した期間にあわせて最大3年間の就労ビザが申請できるため、永住権取得を目指していくことも可能です。カナダでの永住を少しでも考えている方は、カレッジでの就学期間を慎重に選びしょう。


弊社のホームページでは、今回紹介したカナダで人気の公立カレッジのジョージブラウンカレッジ以外にも、多くの公立カレッジの特徴やコース詳細などを紹介しています。

詳しくは公立カレッジページをご覧頂ければと思います。

公立カレッジページはこちら



改めてですが、カナダ公立カレッジ留学の学費、滞在費、生活費などをすべて含めた費用はこちらになります。

以上が公立カレッジ留学費用の目安になります。



ご自身の努力によっては、上記の費用以上に節約することも可能ですが、「突然の出費」がかかる可能性があるため、金銭的余裕を持つことが重要です。



留学の目的は、キャリアでも、観光でも、永住でも、ご自身がやりたいことであればなんでもOK。どんな目的であっても、それを意識するかしないかでは、留学の満足度が大きく異なってきますよ。



目的に合ったカナダ留学先を決めたい方や、自分の留学目的を一緒に探していきたい方は、GO CANADA留学センターのお問い合わせページからいつでもご連絡ください。



相談は無料!皆さんの希望に合わせて、カウンセリングをいたします。




語学留学、カレッジ進学、ワーホリはGO CANADA

banner contact

 

*カナダの情報をお届け中*
*是非フォローお願いいたします!*banner instagram